著者アーカイブ 事務局

アバター 著者:事務局

進化論とその長い歴史年代は福音に影響するのですか?

二つの歴史、二つの死生観

聖書は終始、「創造主は、死のない世界を創造されたが、人の罪によって死が入り、キリストが十字架の死という代価を払って信じる者を死のない世界に買い戻す」という主のマスタープランを教えています。
すなわち、初めに死のない世界があり、数千年間死が介入として入り、将来死のない世界が回復させられるということです。(上図のライン1)
一方、進化論とは、「38億年くらい前に、偶然、最初の生物であるバクテリアが発生し、生存闘争を通して人間にまで進化した。」、すなわち、「死は世界の初めから存在し、死を通して生命が進化し、未来も死は永遠に存在する」と主張する学説です。(上図のライン2)

もし、クリスチャンが、進化論や、あるいは進化論が主張する膨大な歴史年代を受け入れてしまうとどういうことになるでしょうか? アダムの前に膨大な(進化の)年代があって、アダムの罪の前、いわゆるこの世界の初めから死が存在したことになり、キリストの贖いの理由と意味を喪失します。たとえば次の聖書箇所です。

 というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。アダムにあってすべての人が死んでいるのと同じように、キリストにあってすべての人が生かされるのである。(1コリント 15:21、22)

最後の敵として、死が滅ぼされます。(1コリント 15:26)

もし、初めから死があり、死を通していのちが出現したのなら、どうして死は最後の敵となり得たでしょうか。
人の意見から聖書を解釈するのではなく、聖書から世界を見る者とされたいと願います。

 聖書はすべて、神(創造主)の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。(2テモテ3:16)

図の引用:Answers In Genesis より
アバター 著者:事務局

科学的でない進化論(その1)

中学理科の教科書は、ダーウィンの進化論を次のように紹介していました。

【チャールズ・ダーウィンはガラパゴス諸島では島ごとに形が少しずつ異なる生物たちに出会い、彼の進化論は大きな影響を受けました。1859年に出版された「種の起源」の中で、「自然のなかでは同じ種であってもいろいろなタイプ(変異)が生じ、これらの間で競争が起こり、勝者が生き残る。自然は、この競争に強い性質を持った勝者を選び、代を重ねることで進化する」という自然選択説を説きました。】

ここで、「自然のなかでは同じ種であってもいろいろなタイプ(変異)が生じ」たのは、ダーウィンは自筆の通り種類の中の変異を見たのであって、別の種類に変化したのを観測したのではありませんでした。しかし、ダーウィンは代を重ねることで、種類を超えて‘微生物から人間にまで’進化するという説を説いたのです。しかし、人類の歴史の中で種類が変化したという例は一度も観測されたことがありません。すなわち、観測事実は、種類の中の変異(種分化)はあるが、種類を超えて微生物から人間にまで進化する(大進化)はないことを示しています。さて、種類を超えて進化しない理由は多くありますが、その一つを紹介しましょう。図で、犬の両親が共に中くらいの長さの毛(長い遺伝子Lと短い遺伝子S)を持っています。彼らの子どもは、短い毛SSが1、中くらいの毛LSが2、長い毛LLが1の割合で生まれます(メンデルの法則)。それらの集団がいる地域に大寒波が襲うと、長い毛の犬LLだけ生き残り、短い毛SSと中くらいの毛LSの遺伝情報は消滅しました(自然選択)。しかしまだ犬です。微生物から人間に至るのに必要な大量の遺伝情報の増加はどこにも見当たりません。逆に、遺伝情報は減少しており、進化ではなく退化です。(詳細は書籍「創造の確かな証拠」の27~32ページをご参照ください)

聖書にはこう書かれています。

神(創造主)は、種類にしたがって野の獣を、種類に したがって家畜を、種類にしたがって地のすべてのはうものを造られた。(創世記1:25)

 

アバター 著者:事務局

ウルル(エアーズロック)の成因

  写真は、光年の謎を解く二つの理論を提唱した物理学者ジョン・ハートネット博士の自筆の油絵「ウルル」です。それに因んで、ウルルの成因についてお分かちします。

  ウルル(エアーズロック)はオーストラリア中央部の砂漠の中にある高さ350m、周囲9㎞の堆積砂岩でできた一枚岩です。C.トワイデイルら地質学者たちがその構造を調査し、成因について次のように発表したことが通説になっています。

  『6億年前から水がマズグレーブ山脈を浸食した砂を100㎞北にある大きな窪みに徐々に堆積、3.5億年前に固まって砂岩の塊になり、地殻変動の圧力で傾きながら隆起した。その後、長い時間をかけて表面がゆっくり浸食、現在の形になった。』 しかし、ウルルの岩質については進化論の長い地質年代で説明できていません。

  実際、ウルルの岩質は水による粗い花崗岩や長石の粒子砂岩で、粗い粒子と細かな粒子が混在していて全く分類されておらず、ウルルのどの堆積層も同様です。もし、長い時間かけて水底に堆積したのであれば、粒子の粗さで分別された地層になり、細かい粒子は粘土になったはずです。また砂岩の表面は、粗い粒子が浸食されずに鋭いエッジが立っており、新しい証拠です。もし何億年も経っていれば、このような砂岩の一枚岩は熱と水分と風で風化して崩壊しているはずで、結局、どうしてウルルが存在しているのか、謎となっているのです。

  聖書には、約4500年前に世界を覆ったノアの時代の洪水が記されていますが(創世記7章)、それが起こったのなら、ウルルの成因をすっきりと説明します。

 『巨大な淵から湧き出た大量の水が地表を削り、粗さを分別する間もなく一気に窪地を埋め、洪水中の地殻変動で隆起して傾き、洪水の終わりに引いていく水流で表面が削られ、現在の形になった。』

 地質調査でも、オーストラリアの砂漠はかつて水浸しで、今に至るまで渇き続けていると報告されています。

  ・・・彼らは次のことを見落としています・・・当時の世界は、その水により、洪水におおわれて滅びました。(Ⅱペテロ3:56

参考文献: The origin of Ayers Rock Andrew Snelling)  http://creation.com/ayers-rock で閲覧できます。

アバター 著者:事務局

創造からの福音宣教のお勧め

 よく、クリスチャンは、「悔い改めよ、イエス様があなたの罪のために死なれた!」と伝道します。しかし、聖書の土台のない日本の人たちは、「なんと奇妙な考えなんだろう。自分は罪人ではない。外国の神はいらん」という反応をするのです。自分の創造主を無視して、自分を基準に生きていることが罪であるという聖書の世界感を持ち合わせていないからです。

聖書に異邦の国ギリシャで起こった同様のことが書かれています。

 「エピクロス派とストア派の哲学者たちも幾人かいて、パウロと論じ合っていたが、その中のあるものたちは、「このおしゃべりは、何を言うつもりなのか。」と言い、ほかの者たちは、「彼は外国の神々を伝えているらしい。」と言った。パウロがイエスと復活とを述べ伝えたからである。」(使徒17:18)

 「私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。ユダヤ人にとってはつまずき、異邦人にとってはおろかでしょうが、」(第1コリント1:23)

 ですから、おろかなことと反応したギリシャの人たちにパウロは次のように伝道しました。

 「私が道を通りながら、あなたがたの拝むものをよく見ているうちに、『知られない神に。』と刻まれた祭壇があるのを見つけました。そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるものを、教えましょう。この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神(創造主)は、天地の主ですから、手でこしらえた宮などにはお住みになりません。」(使徒17:23、24)                    

 すなわち、パウロは、まず、万物の創造主を伝えることから伝道を始めています。ギリシャは進化論(ギリシャ哲学は進化論)と多神教と偶像の国であったからです。

 さて、今の日本は進化論、八百万の神々と偶像の国。当時のギリシャとそっくりではありませんか。もっとも福音の伝わりにくい国と言われる背景にはこのことがあるのではないでしょうか。もっとも、近代、進化論がパラダイム化したことで、キリスト教国といわれる国々も聖書の土台を喪失してきたと言われています。パウロの異邦人伝道は今日の世界に、特に日本伝道の指針となるのでは。

上図(AIG提供):「耕地を開拓せよ。いばらの中に種を蒔くな。(エレミヤ4:3)

アバター 著者:事務局

アダムのあばら骨 (Adam’s rib)

 
 神(創造主)である主は深い眠りをその人に下されたので、彼は眠った。そして彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。神である主は、人から取ったあばら骨を一人の女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。(創世記2:21、22)

 この箇所についてはいろいろな見解があるそうです。「アダムはあばら骨が一本欠けたまま生きた。」、「男性は女性よりあばら骨が一本少ない」、「創世記は非科学的であり、寓話だ。」等等。私たちの常識では理解、弁明が困難ですね。私が10年余り前に創造論団体のCMIを訪問したときのことです。その代表のカール・ウィーランド博士が夕食に誘ってくださいました。その時、博士は片足が義足、片手が義手、片目が義眼であることがわかりました。どうしたのですか?と尋ねると、証して語ってくださいました。
 「私はかつて医師でした。往診の帰りにトラックと正面衝突したのですが、命は奇跡的に助かりました。意識が戻ると病院で何十回も手術を受けていました。顔の半分がつぶれたので、ほお骨を再製するために私自身のあばら骨が抜き取られていたのです。それで不安になって専門医に、『私も医師で恥じ入ってお聞きしますが、あばら骨を無くして大丈夫ですか?』と質問すると、その専門医は、『骨を包んでいる骨膜を残して上手く骨を抜き取ると骨が回復します。関節のないあばら骨だけ利用できるのです』と答えてくれました。私は、この時代になって、私の身体を通して主がご自身のみことばを弁明されたのだ、と思いました。それで、退院後、職を辞し、聖書的創造論からの福音団体を始めたのです。」と。

(CMIのサイト: http://creation.com

アバター 著者:事務局

なぜ、今、光年の謎?

 「創造からの福音」ミニストリーに関わっていると、頻繁に問われる質問のパターンがあります。

Q 世界の年齢をどう考えますか?

A 聖書(の系図)からは6千歳くらいです。

Q では何億年の進化は無かったのですか?

A 進化して人間になったのなら、アダムの罪の前に死があったことになります。

Q では化石や地層はいつできたのですか?

A 聖書にはノアの洪水という世界的激変が記されているので、その時にできたと考えられます。

Q では、次の質問に答えられますか? 百億光年彼方にある星の光は、地球に届くのに百億年かかります。それが見えている(光が届いている)のは百億年前にその星(宇宙も)が存在したということです。6千歳で足りますか?・・・

 進化論を受け入れながら聖書を擁護しようとすると、聖書を解釈しなければなりません。19世紀にダーウィン進化論、20世紀にビッグバン(宇宙進化論)が世に受け入れられたことに符合して、聖書(創世記)解釈も‘進化’してきました。実際、現代の知性でもって聖書全体を再解釈した神学を打ち立てよういうムーブメントが興っています。しかし、この方向は、主のみことばより上位に人間の知性を置いていること、その知性(進化論)とは無神論であること、そして解釈した人に栄光が帰されることに注意すべきでしょう。

 一方、20世紀終盤から、それとは逆方向の、聖書のみことばから自然界を見直す研究が進み、難攻不落と目された光年の問題も解明されました(なお、証明は不可能)。その「光年の謎と新宇宙論」の著者、ハートネット博士はこう言います。「クリスチャンは神(創造主)に最も栄光が帰される理解を選び取るべきだ。そうしていくなら、きっと真理に導かれるだろう。聖書からこの世界を見直すと、聖書の記述どおりであると知って驚嘆し、創造主に対して畏怖を覚える。宇宙はそのように創造され、人はそのために知能が与えられたのだから。」 

・・・天は神の栄光を語り継げ、大空は御手のわざを告げ知らせる。(詩篇19:1)

(詳細は、ジョン・ハートネット著「光年の謎と新宇宙論」、DVD「光年の謎を解く」、ドン・バッテン著「創造の疑問に答える」第5章をご参照ください)

アバター 著者:事務局

ネアンデルタール人の真相は?

 『20万年前に現れたホモ・サピエンス(ヒト)は、アフリカから中東へ移動、そこでネアンデルタール人に出会い、交配して遺伝子が混ざり合い大きく進化した。しかし、ハンターだった猫背で屈強なネアンデルタール人は、その後絶滅した。生き残ったのは、きゃしゃな体のヒトだった。その理由は知性が進化したからた。』このように、ネアンデルタール人とヒトとの関係について最近解ったというので、昨年、NHKスペシャル「人類誕生」で放映されました。

 しかし、現在判明している事実から整理するとおかしいのです。理論的にヒトはヒト以外の生物(サル、類人猿)との間で子どもが生まれることはありません。DNAの長さが違うからです。ですから、ヒトとネアンデルタール人との間で子どもが生まれたのなら、ネアンデルタール人は完全にヒトです。進化もあったはずがありません。なぜなら、世界のどの民族間でも子どもが生まれますが、生まれた子どもは全てヒトであって、ヒト以外の生物に進化したことは一切ないからです。

 一方で、ネアンデルタール人とヒトとの関係について創造論で最近解ったことを紹介します。証明はできませんが、聖書からこう理解できるということです。白人と黒人の間に生まれた子どもは白と黒の遺伝子を半分ずつ持っています(専門用語でムラ―トという)。そしてムラート同士の間には白から黒まであらゆる皮膚の色の子が生まれることはよく知られています。

 さて、アダムとエバがムラートであったなら、次の世代であらゆる皮膚の色をした子どもたちが生まれたはずです。そして、バベルの人たちは言語を乱されて荒野に散らされた時、彼らの中にあらゆる皮膚の色の人がいたでしょう。日照の多いアフリカに移住したグループで白い人は皮膚がんなどで数を減らし、日照の少ないヨーロッパに移住したグループで黒い人はビタミンD不足のくる病(猫背)などで数を減らしました。ついにはアフリカでは黒い皮膚の人、ヨーロッパでは白い皮膚の人ばかりになりました。これは遺伝子が減少したので退化です。ネアンデルタール人の骨はくる病の症状が見られます。黒い皮膚の人だったのでしょう。バベルから出た人たちはしばらくの間、洞穴に住み、石器を作って生活しました。(石器時代)

 キリストはアダムの家系に生まれられました。あなたは100%アダムの子孫ですか?そうでなければ、キリストの福音の対象から外れてしまいます。

 すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。」(第1コリント15:22)

(詳細は、ドン・バッテン著「創造の疑問に答える」第18章をご参照ください)

画像はムラートの両親から生まれた双子 Creation Ministries International 提供 creation.com
 

 

 

アバター 著者:事務局

地球外生命は存在するか?

 最近、テレビや雑誌で盛んに地球外生命の特集が組まれています。世界中の宇宙観測機関がこぞって探索を進めているからです。惑星探査機を用いて至近距離で火星や、木星の衛星、小惑星「リュウグウ」に液体の水があるか探しています。液体の水が生命の必須条件と考えているからです。しかし、なぜ地球外生命を探すのでしょうか?以下の仮説がその背景にあります。
① 地球上の最初の生命(バクテリアのようなもので、すべての生物の祖先)の発生メカニズムが不明。宇宙にあったものが地球に飛来したのではないか。
② 地球で生命が進化して人間になったのだから、広大な宇宙には同じように進化した宇宙人が多数いるはずだ。

 しかし、おかしいと思いませんか?私たちは、豊富な液体の水、適切な空気、適切な光、穏やかな気候など非常に多くの生命に必要な要素が絶妙なバランスで整えられた類い稀な生命の惑星、地球に生かされています。最初の生命が発生したメカニズムが不明だというので、なぜこれほどまで生命を育む環境が整った地球でなく、わざわざ地球外の星でありそうにない液体の水を探すのでしょうか?生命を育む環境とは、「水さえあれば」ということではないはずです。
 一方、複数の宇宙観測所が膨大な数の銀河が宇宙に分布するマップを描いていますが私たちが(私たちのいる天の川銀河が)宇宙の中心にあり、他の銀河が幾重にも取り巻いているように見えています。偶然でそうなる確率は限りなくゼロです。そういうことなら、宇宙の背後に意思があって、私たちも地球もその意志の産物であることを示唆しています。聖書は、地球が星々よりも先に(創世記1章)、特別な目的で造られたと教えています。
  天を創造した方、すなわち神(創造主)、地を形造り、これを仕上げた方、すなわちこれを堅く立て  た方、これを茫漠としたものに創造せず、人の住みかに形造った方、      (イザヤ45:18)

詳細は、DVD「驚くべき惑星・地球」、ドン・バッテン著「創造の疑問に答える」第9章をご参照ください。
【上記画像】2dfGRSS提供;一点が一つの銀河の位置、赤い色は銀河の密度が濃い所を表している。

アバター 著者:事務局

恐竜はいついたの?

 恐竜がいたのは2億5千万年前から6500万年前までで、人類が現れるはるか以前に絶滅したと言われています。恐竜は、何十億年という進化の歴史を物語っていると、今日の多くの人たちが疑いもなく信じているようです。しかし、もっともらしく紹介されていても、実際は謎だらけなのです。

 一方で、恐竜が人間と同時に生きていたという証拠は多くあります。その一つを紹介しましょう。1841年にイギリスでリチャード・オーエン卿が巨大な化石を発見したことで初めて過去に恐竜がいたことがわかったとされました。しかし英国北部のカーライル大聖堂の床に1496年に造られたリチャード・ベル司教の墓がありますが、真鍮細工が施され、多くの動物と並べて恐竜が彫られています。それは化石から復元したシュノサウルスにそっくりです。これは当時の人たちが生きた恐竜を見ていたということでしょう。(写真:CMI Creation誌 Vol..36, 2014) 聖書にもドラゴン(tannin)の記述(ベヘモスなども)があります。もし、聖書の記述を字義通りに受け取るなら、人間と恐竜が共存していたはずです。(ドン・バッテン著「創造の疑問に答える」第19章 参照)

「神(創造主)は仰せられた。・・・家畜や、はうもの、野の獣を、種類にしたがって。・・・地のすべてのはうものを造られた。・・・さあ人を造ろう。・・・神は人をご自身のかたちとして創造された。・・・夕があり、朝があった。第六日。」(創世記1:24~31)

(詳細は、ドン・バッテン著「創造の疑問に答える」第19章をご参照ください)

アバター 著者:事務局

創造か進化かということは科学で証明可能か?

(1)「創造論は聖書を科学で証明しようとしているのですか?」、(2)「創造論と進化論は、どっちが科学かで論争しているのですか?」と質問されることがよくあります。答えはいずれも「いいえ」ですが、いつも理由を簡潔に説明することが難しいのです。今月はそれに挑戦して書いてみますが・・・。

まず、宇宙や生命の起源について、遠い過去に何があったかは再現実験できないので、科学で証明することは不可能です。これが(1)の答えの理由です。ですから、起源を扱う進化論も創造論も、何かを前提に解釈するしかありません。近年、進化論学者の意見と創造論学者の応酬がありました。

「あたかも知性によってデザインされたように見える生命が、いかにして偶然にできたのか、そのシナリオを追求するのが(進化論)生物学である。」(リチャード・ドーキンス博士)

「あたかも生命が知性によってデザインされたように見えるのは、実際に知性によってデザインされたからであるという可能性を無視してはならない。」(フィリップ・ジョンソン博士)

ここで、ドーキンス博士のことばに注目すると、初めに結論ありきであることがわかります。「デザイナーが存在しない、偶然にできた」という不確かなことを前提としているのです。ですから、ジョンソン博士はその逆の前提があり得ることを指摘しました。もう明らかですね。進化論と創造論は、それぞれ互いに相反する‘創造主が存在しない’、‘存在する’を前提とした世界感であり信仰です。そして、科学とは自然界のしくみや法則を知るための手法(ツール)であると言えます。これが(2)の答えの理由です。

すなわち、進化論も創造論も世界感ですが、必ずどちらかが真理です。だれもがそのどちらかを信仰で選び取っています。しかし、聖書は次のように言います。

なぜなら、神(創造主)について知りうることは、彼らに明らかであるからです。それは神が明らかにされたのです。神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。(ローマ1:19、20)