カテゴリーアーカイブ 聖書

アバター 著者:事務局

進化論とその長い歴史年代は福音に影響するのですか?

二つの歴史、二つの死生観

聖書は終始、「創造主は、死のない世界を創造されたが、人の罪によって死が入り、キリストが十字架の死という代価を払って信じる者を死のない世界に買い戻す」という主のマスタープランを教えています。
すなわち、初めに死のない世界があり、数千年間死が介入として入り、将来死のない世界が回復させられるということです。(上図のライン1)
一方、進化論とは、「38億年くらい前に、偶然、最初の生物であるバクテリアが発生し、生存闘争を通して人間にまで進化した。」、すなわち、「死は世界の初めから存在し、死を通して生命が進化し、未来も死は永遠に存在する」と主張する学説です。(上図のライン2)

もし、クリスチャンが、進化論や、あるいは進化論が主張する膨大な歴史年代を受け入れてしまうとどういうことになるでしょうか? アダムの前に膨大な(進化の)年代があって、アダムの罪の前、いわゆるこの世界の初めから死が存在したことになり、キリストの贖いの理由と意味を喪失します。たとえば次の聖書箇所です。

 というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。アダムにあってすべての人が死んでいるのと同じように、キリストにあってすべての人が生かされるのである。(1コリント 15:21、22)

最後の敵として、死が滅ぼされます。(1コリント 15:26)

もし、初めから死があり、死を通していのちが出現したのなら、どうして死は最後の敵となり得たでしょうか。
人の意見から聖書を解釈するのではなく、聖書から世界を見る者とされたいと願います。

 聖書はすべて、神(創造主)の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。(2テモテ3:16)

図の引用:Answers In Genesis より
アバター 著者:事務局

創造からの福音宣教のお勧め

 よく、クリスチャンは、「悔い改めよ、イエス様があなたの罪のために死なれた!」と伝道します。しかし、聖書の土台のない日本の人たちは、「なんと奇妙な考えなんだろう。自分は罪人ではない。外国の神はいらん」という反応をするのです。自分の創造主を無視して、自分を基準に生きていることが罪であるという聖書の世界感を持ち合わせていないからです。

聖書に異邦の国ギリシャで起こった同様のことが書かれています。

 「エピクロス派とストア派の哲学者たちも幾人かいて、パウロと論じ合っていたが、その中のあるものたちは、「このおしゃべりは、何を言うつもりなのか。」と言い、ほかの者たちは、「彼は外国の神々を伝えているらしい。」と言った。パウロがイエスと復活とを述べ伝えたからである。」(使徒17:18)

 「私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。ユダヤ人にとってはつまずき、異邦人にとってはおろかでしょうが、」(第1コリント1:23)

 ですから、おろかなことと反応したギリシャの人たちにパウロは次のように伝道しました。

 「私が道を通りながら、あなたがたの拝むものをよく見ているうちに、『知られない神に。』と刻まれた祭壇があるのを見つけました。そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるものを、教えましょう。この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神(創造主)は、天地の主ですから、手でこしらえた宮などにはお住みになりません。」(使徒17:23、24)                    

 すなわち、パウロは、まず、万物の創造主を伝えることから伝道を始めています。ギリシャは進化論(ギリシャ哲学は進化論)と多神教と偶像の国であったからです。

 さて、今の日本は進化論、八百万の神々と偶像の国。当時のギリシャとそっくりではありませんか。もっとも福音の伝わりにくい国と言われる背景にはこのことがあるのではないでしょうか。もっとも、近代、進化論がパラダイム化したことで、キリスト教国といわれる国々も聖書の土台を喪失してきたと言われています。パウロの異邦人伝道は今日の世界に、特に日本伝道の指針となるのでは。

上図(AIG提供):「耕地を開拓せよ。いばらの中に種を蒔くな。(エレミヤ4:3)

アバター 著者:事務局

アダムのあばら骨 (Adam’s rib)

 
 神(創造主)である主は深い眠りをその人に下されたので、彼は眠った。そして彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。神である主は、人から取ったあばら骨を一人の女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。(創世記2:21、22)

 この箇所についてはいろいろな見解があるそうです。「アダムはあばら骨が一本欠けたまま生きた。」、「男性は女性よりあばら骨が一本少ない」、「創世記は非科学的であり、寓話だ。」等等。私たちの常識では理解、弁明が困難ですね。私が10年余り前に創造論団体のCMIを訪問したときのことです。その代表のカール・ウィーランド博士が夕食に誘ってくださいました。その時、博士は片足が義足、片手が義手、片目が義眼であることがわかりました。どうしたのですか?と尋ねると、証して語ってくださいました。
 「私はかつて医師でした。往診の帰りにトラックと正面衝突したのですが、命は奇跡的に助かりました。意識が戻ると病院で何十回も手術を受けていました。顔の半分がつぶれたので、ほお骨を再製するために私自身のあばら骨が抜き取られていたのです。それで不安になって専門医に、『私も医師で恥じ入ってお聞きしますが、あばら骨を無くして大丈夫ですか?』と質問すると、その専門医は、『骨を包んでいる骨膜を残して上手く骨を抜き取ると骨が回復します。関節のないあばら骨だけ利用できるのです』と答えてくれました。私は、この時代になって、私の身体を通して主がご自身のみことばを弁明されたのだ、と思いました。それで、退院後、職を辞し、聖書的創造論からの福音団体を始めたのです。」と。

(CMIのサイト: http://creation.com

アバター 著者:事務局

創造の日の理解について

天地創造の六日間が普通の日(地球1回転)であるという理解は今日のキリスト教界で極めて少数派です。このことには進化論に合わせようとして、何十億年という年代を聖書に当てはめようとした神学解釈(有神進化論)が背景にあります。地球の年齢が(何十億年と)古ければ、徐々に堆積した厚い地層とそこに埋蔵された化石が進化の歴史を示していると主張する進化論と調和し、福音とも矛盾しない穏健な解釈と考えられたのです。  しかし、その解釈をもう一度聖書に戻すと福音に根本的な問題が現れます。すべてのものが死滅する世界で、より強いものが子孫を残して徐々に変化(進化)し、アダムに至ったのならどういうことになるでしょうか? すなわち、主の創造の中に大量の死、病気、闘争、苦しみ、災害があったことになり、次の聖書箇所と矛盾します。  

「神(創造主)はお造りになったすべてのものを見られた。見よ。それは非常に良かった。」(創世記1:31)

さらに、アダムが罪を犯す前に死が存在したことになり(上の絵)、次の聖書箇所と矛盾します。

「というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。すなわちアダムあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。」(1コリント15:21、22)

進化、あるいは有神進化の解釈に立って、果たして自分自身が完全にアダムの子孫であると信じることができるでしょうか? しかし聖書は、アダムの罪で堕落して死ぬ世界になったので救いが必要になったのであり、キリストの贖いの対象はアダムの子孫であることを告げています。それゆえ、キリストは創造主であられるのに、あえてアダムの血族に生まれられ、救い主として、私たちの身代わりとなって十字架で死なれ、そして復活されました。(系図:創世記4、5、10、11章、マタイ1章)

(詳細はドン・バッテン著「創造の疑問に答える」第2、3、5章、カール・ウィーランド著「創造の確かな証拠」をご参照下さい。) 絵の版権 Picture Copyright:Creation Ministries International http://creation.com

アバター 著者:事務局

箱船にすべての種類の動物が乗れた?

一般的にノアの箱船は史実ではなく神話と考えられています。地上の全ての動物種が箱船に乗ることはないと考えられているからです。しかし、そう主張する人たちは、このことをじっくり考えたことがありません。この絵は実際に聖書(創世記6:14~16)に書かれた箱船の形と規模を表しています。その大きさは、長さ137m、幅23m、高さ13.7mで体積は43,200立方メートルです。これは大型フェリーの大きさで、羊240匹収容できる貨車522両分に相当します。一方、箱船に乗ったという動物‘behemah’は地上の動物を表していて、創造の種類(交配して子どもができる範囲;オオカミもコヨーテもイヌである)は多く見積もっ16000種類です(創世記6:19、20、7:2、3)。そしてその平均の大きさは羊よりはるかに小さいのです(子どもなら小さなねずみくらいです)。もし、動物のつがいを平均50cmx50cmx30cmのおりにいれると、16,000種で1200立方メートルになり、貨車14両強に相当します。これは箱船の収容スペースのたったの2.8%で、残りは空気、動くための余裕、食料、人間のためのスペースに十分です。(創造の疑問に答える・第13章参照)

箱船はアララテ山に漂着し、動物たちが繁殖し、全世界へ散らばりました(創世記8章、11章)。人間も箱船に乗ったノアの家族八人から全ての民族が分かれ出ました。船という漢字は舟と八と口(人口のように人の数を表す)でできていて、そのことを象徴しているように見えます。(創造の確かな証拠・48ページ参照)

創造主は洪水で当時の世界を裁かれましたが、救いの箱船が備えられていました。今この時代にも、完全な救いの箱船が備えられていて、そのドアとなられた方(イエス・キリスト)がおられます。

私は門です。だれでも、わたしを通ってはいるなら救われます。また、安らかに出入りし、牧草を見つけます。(ヨハネ10:9)

アバター 著者:事務局

聖書の伝えるメッセージって?

みなさんは、聖書を読んだことがあるでしょうか?
実はそこにはあなたにも関係のある、素晴らしいメッセージが込められているんです!

創造主なる神

全宇宙の創造主なる神は、わたしたち人間を特別な存在として造り、特別に愛して下さっています!
しかしわたしたちは創造主を無視して生きるようになってしまいました。
その結果、人生の本来の意味がわからなくなり、心はゆがみ、 互いに傷つけあい、悪いことを行なうようになったのです。

罪の報い

創造主は、わたしたちが積み重ねてきた罪を不問にすることはできません。
そして、罪の報いは永遠の滅び、地獄の刑罰であると、はっきり告げているのです。

素晴らしい知らせ

しかし、素晴らしい知らせがあります!
創造主はわたしたちへの深い愛のゆえに、なんと人間イエスとなって この地球に来られ、本来わたしたちが受けるべき地獄の刑罰を、十字架で身代わりに受けてくださったのです。
また復活を通して、ご自分が生命の創造主だと証明しました。

聖書の約束

もし創造主に対して自分の罪を認め、イエスの死と復活が自分のためだと 心から信じるなら、あなたは永遠の滅びから救われます!
人生の意味は回復され、創造主と永遠に生きるようになるのだと、聖書は約束しているのです!