進化論は科学か?

進化論は科学か?

ジョナサン・サルファティ 著
安井亨 訳

多くの人は進化論が検証された事実であるかのように思っています。しかし、進化論研究の最前線は未だに進化の証拠を確定できずに探し続けているのです。そういうことなら、猿人や始祖鳥など教科書で教えられた進化の証拠とはいったい何だったのでしょうか?

製品情報

媒体 書籍
タイトル 進化論は科学か?
著者名 ジョナサン・サルファティ
安井亨 訳
発売日 2012年
価格 定価:本体1,300円+税
ISBN 978-4990412821
判型 A5版変形
ページ数 160ページ
出版 バイブル・アンド・クリエーション

著者紹介

ジョナサン・D・サルファティ

 オーストラリア・アララトに生まれ、その後の大半をニュージーランドで過ごす。化学(二つの物理学の論文を添えて)で学士(優等)を取得し、ウェリントン・ビクトリア大学より物理化学の博士号を授与された。共著で高温超伝導とセレンを含む環状と檻状の分子構造の論文を主要な科学誌に発表した。クリスチャン信仰の擁護を助けるため、共同でウェリントン・クリスチャン弁証論協会を設立。また、かつてニュージーランドのチェスのチャンピオン。世界チェスオリンピックにニュージーランド代表で出場し、ジュニア部門で3 冠を獲得した。
 サルファティ博士は1996 年8 月より、ブリズベンのクリエーション・ミニストリーズ・インターナショナル(CMI)にフルタイムで勤務していたが、現在ははアメリカ、ジョージア州パウダースプリングスにあるCMI-USA で勤務し、アメリカから世界に向けて創造を伝えている。また、Creation Magazin やJournal of Creation の執筆と審査、CMI ウェブサイトの専門的な質問の回答などに貢献している。
著書に、‘Refuting Evolution ’、‘Refuting Evolution 2 ’、‘Refuting Compromise ’、’By design’ The Greatest Hoax on Earth?’ 、’The Genesis Account ’、共著に’Chrischanity for Skeptics ’、’Evolution’s Achilles’ Heels ’ がある。