タグアーカイブ 人類、人種、起源、ネアンデルタール人

アバター 著者:事務局

ネアンデルタール人の真相は?

『20万年前に現れたホモ・サピエンス(ヒト)は、アフリカから中東へ移動、そこでネアンデルタール人に出会い、交配して遺伝子が混ざり合い大きく進化した。しかし、ハンターだった猫背で屈強なネアンデルタール人は、その後絶滅した。生き残ったのは、きゃしゃな体のヒトだった。その理由は知性が進化したからた。』このように、ネアンデルタール人とヒトとの関係について最近解ったというので、昨年、NHKスペシャル「人類誕生」で放映されました。

しかし、現在判明している事実から整理するとおかしいのです。理論的にヒトはヒト以外の生物(サル、類人猿)との間で子どもが生まれることはありません。DNAの長さが違うからです。ですから、ヒトとネアンデルタール人との間で子どもが生まれたのなら、ネアンデルタール人は完全にヒトです。進化もあったはずがありません。なぜなら、世界のどの民族間でも子どもが生まれますが、生まれた子どもは全てヒトであって、ヒト以外の生物に進化したことは一切ないからです。

一方で、ネアンデルタール人とヒトとの関係について創造論で最近解ったことを紹介します。証明はできませんが、聖書からこう理解できるということです。白人と黒人の間に生まれた子どもは白と黒の遺伝子を半分ずつ持っています(専門用語でムラ―トという)。そしてムラート同士の間には白から黒まであらゆる皮膚の色の子が生まれることはよく知られています。

さて、アダムとエバがムラートであったなら、次の世代であらゆる皮膚の色をした子どもたちが生まれたはずです。そして、バベルの人たちは言語を乱されて荒野に散らされた時、彼らの中にあらゆる皮膚の色の人がいたでしょう。日照の多いアフリカに移住したグループで白い人は皮膚がんなどで数を減らし、日照の少ないヨーロッパに移住したグループで黒い人はビタミンD不足のくる病(猫背)などで数を減らしました。ついにはアフリカでは黒い皮膚の人、ヨーロッパでは白い皮膚の人ばかりになりました。これは遺伝子が減少したので退化です。ネアンデルタール人の骨はくる病の症状が見られます。黒い皮膚の人だったのでしょう。バベルから出た人たちはしばらくの間、洞穴に住み、石器を作って生活しました。(石器時代)

 キリストはアダムの家系に生まれられました。あなたは100%アダムの子孫ですか?そうでなければ、キリストの福音の対象から外れてしまいます。

 すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。」(第1コリント15:22)

(詳細は、ドン・バッテン著「創造の疑問に答える」第18章をご参照ください)

画像はムラートの両親から生まれた双子 Creation Ministries International 提供 creation.com